国境の島 対馬でがんばる私たちのブログ

国境の島 対馬でがんばってる、いろいろなお店・会社のブログです。対馬の情報・街の様子・各お店の紹介や仕事の様子を掲載していきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
めずらしいものを発見 

日本家屋の屋根は旧来 瓦葺き屋根が主流でしたが、最近は 洋瓦やコロニアルなども増えてきてます。

和瓦の屋根には、屋根の棟(一番上)に棟瓦とのし瓦にて棟部分の押さえと防水の機能も含んで取付されてます
その棟とコーナーには、鬼瓦と呼ばれる止瓦がとりついてます

これには、飾りの意味も含んで居るようで大きさも形も様々なものが有るのですが、有名な名古屋城のシャチホコなどその部類

対馬でも、小さなシャチホコのような鬼瓦が付いている家も見受けられます

美津島町のとある家なのですが、その鬼瓦に 鳩の形のものがあります。
20070519123636.jpg


珍しいなと思ってると、これは、左官さんの手作りによって作られたものだそうです
左官さんの技術の証明の意味も有ったのだとか 

匠の技ですね  
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://asunotsushima.blog56.fc2.com/tb.php/876-eccc2b9a

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。