国境の島 対馬でがんばる私たちのブログ

国境の島 対馬でがんばってる、いろいろなお店・会社のブログです。対馬の情報・街の様子・各お店の紹介や仕事の様子を掲載していきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

今日はもしオイル交換をしなかったら、と題しまして
記事を書きます。

解りやすく過去の事例を紹介します

DSCF0055.jpg
グロクてすみません

これはなんだか解りますでしょうか?

タイミングチェーン(エンジンのカムシャフトとピストンが付いた

クランクシャフトの位置を合わせたチェーン)のカバーを

外した写真なのですが…

カバーを外したはずなのに、なぜかまた黒いカバーが

DSCF0056.jpg
ぼろぼろと崩れます

エンジンオイルが酸化し金属粉やスラッジ(ホコリや燃焼カスなどの不純物)
が固まったものです。
こうなるとオイルフィルターは目ずまりしており、汚れたままのオイルが
ピストンやシャフトなどの気密を必要とする部品を傷つけてしまい。
最悪エンジン載せ替えが必要となるわけです。

DSCF0057.jpg

これが私が経験した中で2番目にひどかった事例です。

1番は新車から60000kmオイル交換しないで即エンジン載せ替えに至りました。

女性の方でオイル交換という概念が無かったみたいで


しかし凄いのはこの日本車60000kmもオイル交換をしなくて

走り続けるなんて…


確かスバルの軽自動車でした。


車は人間で言うと生まれながらにして

血液透析が必要な乗り物です。

オイル交換は適正に行いましょう。





ぽちっと↓お願いします。
 







関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://asunotsushima.blog56.fc2.com/tb.php/3308-29625e71

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。