国境の島 対馬でがんばる私たちのブログ

国境の島 対馬でがんばってる、いろいろなお店・会社のブログです。対馬の情報・街の様子・各お店の紹介や仕事の様子を掲載していきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今月最後の記事になります
対馬モーターサービス管理人kawaです。


この前入庫した新型の三菱キャンターの記事です。

今年の1月からフルモデルチェンジをしたこのキャンター

エンジンはベンツ製、12v使用だったりと、中身がガラリと変わっておりました。

そして新技術のAdBlue(アドブルー)を搭載しており、このシステムが

運転者に関わりが大きい部分ですので記事にします。

DSC_0188.jpg
写真の燃料タンクの向かって左がアドブルータンクです。

DSC_0187.jpg
AdBlueという名称はドイツ自動車工業会の登録商標で
尿素SCRシステムに使用される高品質尿素水のことです。

タンクには尿素水が入ってます。
(このタンクで12L)


01_l.jpg

主な目的はNOXの低減です。
尿素を吹きかける前にDPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)
PM(粒子状物質)をフィルターで捕集する微粒子除去装置がついていて、
フィルター後のガスをセンサーで測り尿素を吹きかけていきます。

DSC_0191.jpg
ですので一番後ろにセンサーが付いています。

確かに排気ガスはクリーンになり環境には優しいのですが‥
DSC_0192.jpg
運転者には必ずしもそうではありません。いや厳しいです

上のメーターの写真を観てください。
左に見えるのが燃料ゲージ
右のやつがAdBlueのゲージ
真ん中の上のやつがDPFレベルゲージ

運転者はこの三つのゲージをにらみながら運転しなければなりません。
環境の為だからといえばそれまでなのですが‥

ちなみにこの尿素水
燃料100Lに対し1~2.5Lぐらい消費しますので、
4回の給油に1回ぐらいずつ補給しないといけません。

しかもこのシステムは三菱に限ったものではなく、
ほかのメーカーも取り入れています。

車はどんどんややこしい方向に進んで行っております。



めんどくさくても1日一回ぽちっとお願いします。
                
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://asunotsushima.blog56.fc2.com/tb.php/3242-4ba83e22

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。