国境の島 対馬でがんばる私たちのブログ

国境の島 対馬でがんばってる、いろいろなお店・会社のブログです。対馬の情報・街の様子・各お店の紹介や仕事の様子を掲載していきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
どもご無沙汰しておりました
転ばぬ先の杖山本商事です。

皆さんお疲れ様です。

5月は退院される方が何故か多くて、私共もばたばたとしておりました。

さて、この2枚の階段の写真。
どこが違うかお分かりになりますか?(画像をクリックすると大きくなります)
DSC03604.jpg  DSC03743.jpg

答えは後ほど・・・

さて、次です。
左の写真に書いている矢印のように移動したいが、途中の段差が怖いと相談をうけました。
以前に転倒の経験もあるとかで…。
DSC03710.jpg  DSC03844.jpg

右が、施工後の様子です、私としては三角の部分をもっと広く取りたかったのですが、利用者側の要望もあった為、安全面と利便性の妥協点を話し合った結果です。
介護保険の住宅改修はあくまでも利用者本意が基本ですから。

でも、やっぱりちょっと気になったので、施工後にサービスで透明な滑り留めテープを少しですが、貼ってみました
写真には写ってませんが上部には手すりも設置されています。

框部分の施工は豊田組さんに依頼しました

さて、お次は屋外の階段に手すりを設置した例です。
DSC03705.jpg  DSC03839.jpg

屋外の階段は勾配が一定していない事が多く一つ一つの段差も様々です。


さてさて、最初の2枚の階段の写真の違いに気づかれましたか?
階段の先っちょ、段鼻の部分に・・・
DSC03746.jpgDSC03745.jpgDSC03747.jpg

見えますか?
建設時に取り付けた手すりだけでは、足元が滑って怖いとの事でしたので、滑り止めを設置しました。
設置前は靴下を履いたまま通るとつるつるして私たちでも怖い感じがしました。
あくまで予防的な措置ですが、こういう小さな事が大切だと思っております


段差の解消も手すりの取り付けも、滑り止めの設置も、転ばぬ先の杖ってやつです。


何か普段の生活で不自由を感じる事等ありましたら、お気軽にご相談ください
関連記事
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://asunotsushima.blog56.fc2.com/tb.php/1752-54b01f11

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。